既卒者の就職活動に必要な資金はどれくらい?

既卒者の就職活動に必要な資金はどれくらい?のアイキャッチ画像既卒になってから就職活動を行う上でかなり多くの方が就職活動費用について心配されています。

新卒者の場合で就職活動に必要な資金は15万円程。

既卒者になるとさらにかかってくる可能性が有ることから20万円はみておくほうがよいでしょう。

新卒者より既卒者の方が就職活動資金が高くなる理由

新卒者よりも既卒者の方が就職活動資金が大きくなる傾向にあるのですが、その理由には以下の様なことがあります。

  • 既卒になって就職活動が難しくなったため長引いてしまう可能性がある
  • 新卒と違い定期券が使えないのでその分交通費が高くなってしまう
  • 卒業して地元に戻った場合、交通費や宿泊費がさらにかかってしまう

といった事があるようです。

しかし、

  • 既卒者は学業に時間を取られることが無いので、その分を短期アルバイトに回すことによって就活資金を貯めることが出来る。
  • 既卒の就職活動では、面接からはじまる事が多く、説明会など本格的な就職活動前の交通費がかかる事が少ない。

といった事からアルバイトがしやすかったり、就職活動の効率面を考えると既卒も資金面でそれ程悪い条件では無いことが分かります。

既卒の就職活動に必要資金の具体例

では、就職活動に必要なお金の具体例を見てみましょう

  • スーツ、靴、カバン、時計 5万円から10万円
  • 交通費 5万から上限なし
  • 飲食代 2万から
  • その他 2万から

といった資金が必要になります。

スーツやカバンなどは、働き出してからも使えるのでかなり高額のものを買う人も中にはいますが、あくまで一時的な金額ですので、しっかり資金の計算をしていれば問題になることはありません。

しかし、交通費は長引けば長引くほどお金がかかってきますし、地方から都心部に就職活動をする人は夜行バスや新幹線、飛行機代などがかかり、中には50万以上かかった人もいます。

就職活動資金を貯める方法

既卒者の就職活動に必要な資金およそ20万円を用意する方法には、前もって集中的にバイトをして貯めてしまうか、アルバイトをしながら就職活動をするという方法があります。

前者の場合は先に資金を貯めているので、就職活動だけに集中できますが、それ以上にお金が必要になった場合は、またアルバイト探しからはじめなければいけないというリスクがあります。

後者の場合は、アルバイトをしている限り資金に困ることは無いのですが、就職活動に集中できなくて長期化してしまう可能性があります。

どちらを選択するかは皆さんの自由ですが、上手くバランスを取りながら就職活動に取り組んでもらえればと思います。

私がおすすめするアルバイトの仕方については「就職活動とアルバイトは両立できるの?」で書いているので、こちらもチェックしてみて下さい。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る