大学中退は履歴書に書くの?

大学中退は履歴書に書くの?のアイキャッチ画像大学を中退した人は、履歴書に中退した事を書くのか、それとも最終学歴である高卒までを書くのかで迷うようです。

一般的に言われているのは、書いても書かなくてもどちらでも良いという事です。

しかし、高卒よりも大学中退の方が明らかにブランド価値はあるので、履歴書には書いておく事をお勧めします。

しかし、高卒である事よりは、中退はよいように思われる事が多いのですが、やはり中退というイメージは悪いです。

採用側には、「根気の無い人」や「継続力の無い人」と受け止められてしまう事もあるでしょう。

ですので、大学中退を履歴書に書く場合は、同時に履歴書のどこかで、「なぜ中退をしたのか」については触れておく方がいいでしょう。

前向きな理由で中退した場合はその事をはっきりと書いておきましょう。

逆に、後ろ向きな理由であった場合、それをそのまま書くと印象は良くないので理由は簡潔に説明して、中退から就職活動をするにいたった経緯などを書いて、前向きさをアピールするとよいでしょう。

これらの事は、中退に限った事だけでなくマイナスイメージを与える事を履歴書に書く場合全てにおいて、同時にプラスのことを書いておく必要があります。

大学中退者の履歴書の書き方については、グループサイトである大学中退就職ガイド内の「大学中退者の履歴書の書き方」で詳しく説明しています。

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る