大卒2年目Machikoさん、教育(学習塾)教室運営内定報告

2006年5月26日


  1. Machiko
  2. 大卒2年目
  3. 教育(学習塾)
  4. 教室運営
  5. 2社(2社とも人材コーディネートの企業にお世話になりました)
  6. 面接2回(の予定だった)
  7. フリーターをしていた理由と目的を明らかにしていた。新卒のときのように気負わないようにした。むしろ有りのままの自分を見てもらおうと面接に挑んだ。
  8. フリーター時代のことを度々聞かれたこと。企業研究、情報収集が困難。だからこそ、人材コーディネーターを積極的に利用しました
  9. アルバイト。ひたすらアルバイト。教育業界の経験もあったので、それが評価されたかもしれません。
  10. 一人で活動するのは心細いもの、特に自信がなかった私は、志望業界が決まっていたので思い切って人材サービスを利用しました。教育業界に関しては、求人広告より、この手の人材サービスのほうが求人量も情報量も多かったです。
  11. 「フリーター」がいかにフリーではないか。わかっていながらもフリータ ーを続けていた私に、「それなりに安定した収入」「それなりに安定した地位」「それなりに安定した将来」を目指す勇気を頂きました。本当にありがとうござ います。
  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る