自己分析が重要な理由とは?

自己分析が重要な理由とは?のアイキャッチ画像就職活動では、自己分析が重要だとはよくいわれます。

しかし、自己分析なんてあてにならない、役に立たないと感じている人は多いと思います。

いったい、自己分析は就職活動にどのように役に立つのでしょうか?

自己分析で自分の本当の興味や関心が分かる

自己分析は、基本的にツールを使って行います。

様々な自己分析ツールが本屋やハローワークなどにも用意されているので、利用してみるのもよいでしょう。

しかし、ツールを使って行うことだけが、自己分析ではありません。

自己分析は、自分の興味や関心が一体どこにあるのかを探ることだからです。

そのためであれば、ツールを使わなくても、自分で自分の興味は一体どこにあるのだろうか、と考えてみるのも自己分析といえます。

自己分析をしない段階で興味があると思っている仕事があったとしても、その興味がどこから来たのかと考えてみると

  • 親からいわれた
  • TVやCMでよくとりあげられる企業、仕事だった
  • 友達が興味を持っていた
  • 学校の学部にあっている

といった程度の興味である場合が多いです。

というのも、自分は何に興味があって、何に向いているのか、ということを本気で考える機会というものは少ないからです。

自己分析を通して、興味や向き不向きを前よりもよく知った上で就職活動をすると、就職してからの満足度が高かったり、長期的に働ける仕事ができる可能性が高くなるのです。

自己分析が完ぺきではないのも間違いのない事実

これだけ重要な自己分析ですが、自己分析を完ぺきに行える人がいないのも事実です。

どれだけ優秀な自己分析ツールを使って分析をしたとしても、他人の興味や関心、向き不向きを完ぺきに言い当てられるツールはないでしょうし、時間とともに興味や関心は変わってしまうからです。

こういった事実があるために、自己分析なんて意味がない、役に立たないと思ってしまう人が多いようです。

しかし、完ぺきな方法がないとして自己分析を行わないと、周りの環境や情報に流され続けるだけです。

自己分析は、一度立ち止まって自分自身と、周りの環境や情報を客観的に見渡してみることでもあります。

そうやって客観的に見てみることではじめて、自分が流されていたということに気づくことになるかもしれません。

自己分析は仕事をはじめからも、転職や人生の岐路に立たされた時など様々な重要な場面で必要になってきます。

それをはじめておこなうことになるだろう時が就職活動の時点であるので、例え完ぺきな結果ではなくても行ってみる価値はあるはずです。

まとめ

自己分析は、自分の本当の興味や関心を知るためにおこないます。

しかし、自己分析を完ぺきに行う方法はありません。

だからといって自己分析を行わなければ周りに流され続ける人生になってしまいます。

完ぺきではないとしても、一度立ち止まって周りの環境や情報と、自分自身を客観的に見る機会を設けることは将来の役にたつことでしょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る