企業にメールで質問をする方法

企業にメールで質問をする方法のアイキャッチ画像既卒やフリーターの方が就職活動をする場合、情報が不足することが多いので、企業に直接質問したい時もあると思います。

そういった際にメールを利用することがありますが、これまで友人としかメールをしたことがない人がほとんどだと思うので、どのようなメールを送ればいいのか迷うのではないでしょうか。

しかし、それほど難しいことではなくて、一定の形式にしたがって作成すれば問題なくメールを送ることができます。

ここで、ビジネスメールの作成方法について解説していきますので、参考にしてみてください。

質問メールの例と解説

文字だけで説明するとわかりにくくなるので、まずは具体的にどういったメールを送れば良いのか例を掲載しておきます。

既卒者やフリーターの人が送る可能性のあるメール内容をいくつか紹介していきます。

経験者採用の求人に未経験者が応募できるかメールで確認する場合

経験者採用の求人に未経験者が応募する場合にメールで可能かどうか確認する場合のメール内容の具体例

見てもらえば分かりますが、内容は非常にシンプルなものになっています。

メールでは、タイトルをつけるのですが、質問したいことがある場合は、その内容がタイトルを見るだけである程度わかるように記入します。

そして、そのタイトルにあった内容だけを簡潔にまとめて送るのが理想です。

自己紹介などをしたい人もいるかもしれませんが、採用担当者はメールで自己紹介されることを想定していないことが多いので、あまり長々と書かれるとうんざりしてしまう可能性があります。

ですので、このメールに自己紹介をプラスする場合でも、簡潔にまとめておくようにしたいです。

ビジネスメールの敬語表現になれない人もいるかもしれませんが、採用担当者も仕事経験のない人が完璧な敬語を使えるとは考えていません

ビジネスメールの形式だけは間違わないようにして、言葉遣いをできるだけ丁寧にするという気持ちで記入するようにすればよいでしょう。

メールには必ず返信がくるはずですから、メールアドレスだけでなく、家の電話番号、携帯電話番号の全てを記入しておくようにしましょう。

自宅から通える範囲の勤務地で働けるのかをメールで確認する場合

自宅から通える範囲の勤務地を選べるのかどうかメールで確認したい場合のメール内容の具体例

こちらのメール内容を見てもらえれば、上で示した「未経験者が応募できるのか」のメールと形式が同じだとわかります。

このように、ビジネスメールでは形式が同じになっているので、変更すべき部分だけを変えてメールすることができるのです。

もし、これ以外のメール内容を送る場合であっても、以前に送ったメールをコピー&ペーストして、変更すべき部分を変えて送るとよいでしょう。

今回の内容は、勤務地が自宅から通える範囲にしたいというものです。

支社がたくさんある企業では必要な質問だと思います。

この質問でも簡潔に質問していることがポイントになります。

契約社員から正社員になれる可能性はどれ位あるのかメールで確認する場合

契約社員から正社員になれる可能性についてメールで確認したい場合のメール内容の具体例

最後の内容は、入社時は契約社員として雇われて、後に正社員となるという求人についての質問です。

こういったデリケートな質問は、メールで行うのが難しい場合もあります。

言い回しには非常に気を使って、相手に不快を与えないように配慮するようにしたいです。

しかし、残業時間がどれ位あるのか、給与はどれ位になるのか、有給休暇の取得率はどれ位とれるのかといったことはメールでは聞かないようにしたいです。

どうしても、聞きたい場合は、内定をもらってから質問をするようにしたいです。

まだ会ったこともない人から、突っ込んだ内容の質問をされれば誰でも不快になるものです。

面接に行く前に評価を下げることがないように、メールで聞くべきこと、面接で聞くべきこと、内庭を貰ってから聞くべきこと、をしっかり分けておくようにしましょう。

まとめ

既卒やフリーターの人がメールで質問する可能性の高い内容について紹介してきました。

例を見て、それほど難しいことはないと思えたのではないでしょうか。

言い回しがどうしても難しいということでしたら、メールをする前にハローワークの相談員に確認してもらうのも良いでしょう。

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る