清潔感のある身だしなみを実現する方法

清潔感のある身だしなみを実現する方法のアイキャッチ画像就職活動では、面接での回答が重視されますが、身だしなみも重要です。

どれだけ良い回答をしても、汚れたスーツを着て、髪がボサボサでは説得力がありません。

ここでは、清潔感のある身だしなみを実現する方法について解説していきます。

男性の清潔感のある身だしなみ

男性の身だしなみについて見ていくことにしましょう。

男性の就職活動時に気をつけるべきポイントを以下の画像で示しています。

説明を画像の下に記載していきます。

男性が清潔感のある身だしなみを実現するためのポイント

髪型

美容師など髪型をアピールすべき職種に就く場合は別ですが、それ以外の一般的な職に就く場合は、髪を短くして、すっきりした印象を残せるようにすればよいでしょう。

茶色などに染めていた人などは、黒に戻しておくことをお勧めします。

短くて黒髪だと無難な髪型になってしまいますが、面接では服装や髪型で目立つ必要はなく、あくまで質問への回答が重視されているので気にすることはないです。

格好よさではなく、清潔感を重視するようにしましょう。

Yシャツ

最近ではYシャツにも様々な種類のものがありますが、就職活動では最もオーソドックスな白のYシャツを着ておけば良いでしょう。

柄物でもそれほど強調されていなければ問題にはならないと思いますが、変にこなれた感が出てしまい若者特有の初々しさがなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

最新のYシャツは、汚れが付きにくかったり、形状記憶のものも多いので機能性重視で選ぶとよいでしょう。

ネクタイ

ネクタイは就職活動段階でも様々な柄や模様のものが利用できます。

あまり派手だと印象が悪くなってしまいますが、ある程度明るい色でも似合っているのならば問題にはならないことが多いです。

ネクタイを選考ごとに変える必要はありませんが、3本ほど買っておいて着回せるようにしておけばよいでしょう。

スーツ

就職活動のためのスーツは、スーツ販売店で用意されていることが多いので、それを選んでおけば問題ないです。

仕立ててもらったスーツならば本人の体格にあったスーツができますが、市販品のものはサイズが合っていても丈が短かったり、肩幅が狭くて浮いているようになることがあるので注意が必要です。

必ず試着をして、見た目はどうか、そのスーツを長時間着ていても疲れないかどうか、をきっちり確認するようにしましょう。

スーツパンツ

スーツにはパンツもセットになっているので、選ぶ際に問題になることはないでしょう。

しかし、パンツは購入後の管理が非常に重要になります。

何度も来ていると、パンツがよれてくるので、目立つ前にアイロンをかける必要があります。

履いていく時にパンツのよれに気づいてもどうしようもないので、家に帰ってきて脱ぐ前に、よれがないかどうかを全身鏡で確認しておくとよいでしょう。

鞄は、サイズがたくさんありますが、就職活動では履歴書や企業のパンフレット位しか入れるものがないので、薄くてそれほど大きくないものを選ぶとよいでしょう。

重さも軽ければ楽に運ぶことができるので、軽いものを選んでおきましょう。

面接会場では、鞄を椅子の横に立てておくことになるので、手を離しても地面に直立するかどうか確認しておきましょう。

靴下

スーツに合わせる靴下は白以外を選ぶようにします。

黒や紺であれば問題ないでしょう。

靴下は素材によって暖かさや、涼しさが変わるので、季節にあったものを選ぶようにしましょう。

靴に関しても、就職活動用として販売されていることが多いので、それを選んでおくとよいでしょう。

靴は履き心地によって、疲れ方が変わってくるので、サイズはあっているか、長時間履いても疲れないかの確認をするようにしましょう。

最近は、靴底がゴムになっていて、長時間履いても疲れにくいものもあるので履き比べてみるとよいでしょう。

注意

男性の清潔感のある身だしなみについて見てきたのですが、暑さ、寒さ対策も重要です。

スーツやYシャツ、靴下やコートなど生地によって暑さ、寒さは大きく変わってきます。

暑すぎたり、寒すぎると就職活動どころではなくなるので、季節にあった格好ができるように心がけておきましょう。

スーツにプラスする形で、ズボン下を履いたり、中にはホッカイロを背中に貼ったりしている人もいるので、気になる人は取り入れてみてください。

女性の清潔感のある身だしなみ

女性の身だしなみは男性以上に気をつけるポイントが多いです。

まずは、画像で女性が気をつけるべきポイントを確認してください。

その下で、各ポイントの解説をしていきます。

女性が清潔感のある身だしなみをするためのポイント

髪型

女性は、男性よりも髪型の自由度が高いです。

あまり明るすぎてはいけませんが、少しくらいなら茶色の髪でも問題にされないですし、髪の長さが長くても清潔感があれば良いです。

ただし、髪が肩よりも長くなる場合は、なるべく結んでおいて方が仕事の邪魔にならないというイメージになるので、好印象を持ってもらえるはずです。

化粧

就職活動をしている人には初々しさが求められていることが多いので、あまり派手な化粧をするのはよしておいた方が良いです。

あくまで顔色を良くする程度のナチュラルな化粧にしておきましょう。

中には化粧に慣れていないという人もいるかもしれませんが、化粧品の販売店で就職活動中のメイクをしたいということを伝えれば、メイクの仕方を教えてくれるので一度相談してみるとよいでしょう。

ピアス

ピアスは、つけてもつけなくても、どちらでも良いです。

ただし、歩くたびに揺れるようなものはやめておくようにしましょう。

耳にピッタリついて、あまり大きすぎないものであれば、問題にならないでしょう。

ブラウス

女性用のブラウスは様々な種類が用意されています。

就職活動では、色は白を基調とし、形もすっきりとした標準タイプを選んでおきたいです。

薄く色が入っていたり、薄いストライプが入っている程度であれば個性として選ぶのも良いでしょう。

襟やボタン周りにレースやフリルがついているものは目立ちすぎてしまうので、就職活動中には選ばないようにしたいです。

マニュキュア

化粧と同じく健康的な爪に見える程度に抑えておくようしたいです。

爪の長さは短く切っておくことをおすすめします。

鞄は、基本的に黒か紺といったものを選ぶようにしましょう。

女性用の鞄も様々な種類がありますが、すっきりとした印象のものを選ぶと良いでしょう。

薄めの鞄で、履歴書や企業のパンフレットが入るものであれば良いです。

面接で、椅子の横に置いた場合でも直立するものを選んでおくと便利です。

スカートの丈

直立状態で膝が隠れるくらいの長さがあれば、下品にならずにすみます。

短めのものも流行ってきていますが、就職活動中は選ばないようにしましょう。

椅子に座った際の長さも重要になってくるので、購入の際には試着後に椅子に座ってみるのもよいでしょう。

ストッキング

肌色など目立たない色を選んでおきましょう。

電線がはしる可能性もあるので、カバンの中に予備のものを一つ入れておくとよいです。

男性は多くの人が黒を選んでいますが、女性は黒、紺、茶色などを履いている人も多いです。

無難なものとしては、黒か紺で、茶色は少しベテランな印象を与えるかもしれません。

装飾がそれほどないすっきりとした印象のものを選び、ヒールは低いものを選ぶようにすると疲れにくいです。

購入の際には、必ず試着して少し歩いて疲れないかを確認しておきましょう。

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る