健康診断を受けに行こう!

健康診断を受けに行こう!のアイキャッチ画像学校を卒業して既卒やフリーターをしていると、健康診断を受けなくなる人が多いです。

しかし、若いので健康には自信があるという人でも毎年定期的に健康診断は受けておいたほうが良いです。

就職活動の際にも、健康であるという事が分かっているだけで自信に繋がるはずですからね。

私も長い間健康診断に参加していなかった時期があったのですが、久々に受けて診断結果が良かったので嬉しかったですし、気分が前向きになれました。

ですので、ぜひ健康診断を受けるようにしてみて下さい。

既卒、フリーターや無職の人が受けられる健康診断

会社員などをしていると、労働安全衛生法に基づき会社の定期健康診断で安く健康診断を受けることが出来るのですが、既卒やフリーターになると健康診断を自費で受けることになります。

費用は、検査項目によって異なってきますが、基本的な内容の健康診断なら数千円から1万5000円までに収まります。

給料を貰っていない人や、少ない人には負担が大きく感じるかもしれませんが、健康には変えられないものですので、年に一回は受けるようにしましょう。

申し込んで参加できる健康診断には

  • 病院が独自のサービスとして行なっている健康診断
  • 市区町村が運営している健康診断

があります。

市区町村で運営している健康診断は、18歳以上や30歳、40歳以上など年齢制限があるのですが対象者であれば、安く受診できます。

一般検診を無料で受けられるサービスを提供している市区町村もあるようですので、詳しくは役所に問い合わせてみて下さい。

しかし、一般的な健康診断よりも、がん検診や骨粗鬆予防検診など一つ一つ別れた検診を提供している所が多いので、その様な場合は病院で提供されている健康診断を受けるということになります。

病院で受ける健康診断

病院で受ける検査は、自ら検査項目を決定することができる場合が多いのですが、一般的な会社勤めをしている人が受ける検査項目と同じ内容の健康診断を受けておくと良いです。
下記は、会社勤めをしている人が必ず受けなければいけない検査項目で安全衛生法に定められているものです。

今の段階で詳しい検査項目について知っておく必要はありませんが、受診を考えた際にこれらの項目を満たしているのか確認してみて下さい。

  • 既往歴、業務歴の調査
  • 自覚症状、他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、腹囲、視力、聴力の検査
  • 胸部エックス線検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素量及び赤血球数の検査)
  • 肝機能検査(血清グルタミックオキサロアセチックトランスアミナーゼ(GOT)、血清グルタミックピルビックトランスアミナーゼ(GPT)及びガンマ―グルタミルトランスペプチダーゼ(γ―GTP)の検査)
  • 血中脂質検査(低比重リポ蛋白コレステロール(LDLコレステロール)、高比重リポ蛋白コレステロール(HDLコレステロール)及び血清トリグリセライドの量の検査)
  • 血糖検査
  • 尿検査
  • 心電図検査

健康診断を実施している病院なら、これらの検査項目全てを含んだ健康診断サービスが提供されていることが多いです。

近くの内科がある病院で健康診断が受けられるかどうかまず訪ねてみて、可能ならそこで受け、出来ないようなら健康診断を実施している病院を紹介してもらうとよいでしょう。

格安で健康診断を受ける

上記の検査項目すべてを受けるには、1万円位かかってしまいます。

しかし、そこまでこだわらないというのでしたら簡易の検査を提供している企業で健康診断を受けるという方法があります。

ワンコイン健康診断として「血糖値」「総コレステロール」「中性脂肪」「血圧・体重・身長・BMI(肥満度)・骨密度」などの検査だけを受けるのに500円でサービスが提供されています。

ケアプロという企業が運営しているのですが、東京中野と神奈川県の横浜で受信することができます。

近くに住んでいる人は利用してみると良いのではないでしょうか。
献血で血液検査結果を貰える

ちょっと裏技的な方法ですが、献血をすることによって血液検査の結果を貰うことができます。

血液検査だけでは、健康診断として頼りないのですが、やらないよりはやっておいた方が安心ですので、どうしても健康診断にお金を使いたくない人は利用してみるとよいのではないでしょうか。

まとめ

既卒やフリーターになり就職活動を始めると自信を失うことが多いです。

しかし、健康であるということが分かっていれば、なんとかなると思えることもあるのではないでしょうか。

前向きになる材料の一つとして利用してみて下さい。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る