自己啓発とは?

自己啓発は自ら学習、体験して仕事に必要な知識や経験を積む事を指します。

企業が社員に求める資質の中でも、自己啓発が出来る人という事が大きなポイントしてあげられることが多いです。

自己啓発の具体的な内容としては、業務に必要な民間資格や国家資格取得が挙げられます。

企業側も個人の自発性にばかり期待するということではなく、資格援助をしたり、資格取得をした人に報奨金を出したりと自らすすんで学習する人を応援していることも多いです。

最近では会社以外でも勉強会やセミナーが行われていることが多く、それらの機会を活かして人脈を広げたり、新しい知識を身につける為にたくさんの人が参加しています。

また、こういった直接業務に関係する自己啓発ばかりでなく、様々な種類の本を読んだり、様々な国に旅行することを通して文化や価値観を学ぶ事で幅広い視点を身につけたりすることも自己啓発の一つといえるでしょう。

既卒者など仕事未経験者の場合、就職活動の際に自己啓発が出来る人であることをアピールする事が重要になってきます。

積極的に取り組んでいる事があるのでしたら、その事について履歴書や面接でアピールすると良い結果が得られるはずです。

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る