OJT(オンザジョブトレーニング)とは?

OJT(オンザジョブトレーニング)とは、仕事をしながら仕事に必要な知識や経験を身につけさせる教育訓練方法を指します。

期間を限定して集中的に行う集合研修や勉強会など(OFF・JTとも言う)の後に、仕事に慣れていく事も含めて行われる事が多いです。

また、現場で行うので経費があまりかから無いことから、OJTのみの研修で仕事をさせる企業もあります。

どちらの場合でも日本においては、OJTが教育において重視されています。

OJTのメリットには

  1. 企業側のコストが集合研修に比べ少ない
  2. 指導者も新人の教育を通して勉強になり成長することが出来る
  3. 実際の仕事を通して行われることから実践的な技術を身につけさせれる

などがあります。

一方、OJTのデメリットには

  1. 指導者の力量によって指導力が大きく変わってしまう。
  2. 断片的な知識は身につくが、体系的な知識を身につけさせるのは難しい
  3. 指導者自身の仕事が遅れてしまうことが多い

などがあります。

仕事未経験者から求人を探す場合は、入社後に3ヶ月位の研修がある企業に務めたほうが体系的な知識をみにつけられるので理想的です。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る