フリーターからの就職活動には紹介予定派遣も活用してみよう

フリーターからの就職活動には紹介予定派遣も活用してみようのアイキャッチ画像紹介予定派遣という言葉を聞いたことはありますか?

比較的新しい雇用形態なのですが、派遣社員から正社員を目指す方法として注目されています。

フリーターの人でも活用できるので、一度検討してみると良いでしょう。

紹介予定派遣とは?

紹介予定派遣の前に派遣社員について解説しようと思います。

派遣社員というのは、「派遣会社」に派遣社員が雇われて、「派遣先会社」に働きに行くという雇用形態のことです。

給料や福利厚生については、派遣会社のシステムが適用されて、仕事の指示は派遣先から受けることになります。

派遣社員は、3ヶ月や6ヶ月といった雇用期間が決まっていて、期間満了すると再契約するのか、そこで契約を終えるのかを選択することになります。

派遣先は、派遣会社から次々に紹介してくれるので、自分で就職活動をするより仕事を見つけるのが楽というメリットがあります。

紹介予定派遣というのは、この派遣社員システムを使って正社員を目指すという雇用形態です。

紹介予定派遣では、派遣会社に登録後、6ヶ月間までの期間(最も多いのは3ヶ月)を派遣先で働き、その期間の仕事ぶりや適正などを見られ、本人と企業側が合意すれば派遣先に正社員として採用される事になります

試用期間後に正社員採用するのかどうかを決めるシステムだと思ってもらうとわかりやすいはずです。

紹介予定派遣を利用すればフリーターからでも正社員就職しやすくなるのか?

フリーターからの就職活動の場合、まずは正社員を目指した通常の就職活動を行う事をお勧めします。

その後にどうしても採用されないという事があったときに、紹介予定派遣を使っての就職活動に取り組むとよいでしょう。

通常の採用選考では、表面的な経歴や能力しか見てもらえず、フリーターをしている人は不利になりやすいです。

しかし、紹介予定派遣を利用すれば、仕事を取り組む姿勢や、やる気、仕事を通して成長していけるといった面接では伝えることが難しい部分に関してもみてもらえるので、採用される可能性を高めることが出来るはずです。

紹介予定派遣では、派遣先で働く前に面接が行われることになりますが、その後に試用期間があるので、面接で落とされる可能性は正社員採用の面接に比べるとかなり低いと言えるでしょう。

ただし、紹介予定派遣期間の仕事ぶりが良くないと採用されないリスクがあるという事は覚えておかなければなりません。

紹介予定派遣期間も給料が払われるとは言え、正社員採用されなければまた就職活動を行わなければならないからです。

また、紹介予定派遣後には正社員になるケースと契約社員になるケースがあるので、どちらになるのか忘れずに面接で聞いておくようにしましょう。

紹介予定派遣の実績はどうなっているのか?

紹介予定派遣の実績はどうなっているのか?のアイキャッチ画像紹介予定派遣から正社員になれる人はどれ位の割合になるかという事が気になる人もいると思います。

この調査結果は派遣会社毎に違うのですが、かなり正社員になれる可能性が高いという実態があります。

企業側も正社員として働いてもらう事を期待して試用期間を設けているので、試用期間に特に問題が無ければ正社員として採用しようとなるケースが多いからです。

試用期間だけ働かせて、その後は正社員採用を断るという事を心配する人もいるかもしれませんが、そういった事は通常の派遣社員を採用すれば良いので通常は起こりえません。

ですので、紹介予定派遣は正社員を目指す方法としてかなり優れたシステムと言われているのです。

紹介予定派遣のポイント

紹介予定派遣は、企業側だけでなく、利用者の満足度も非常に高いです。

紹介予定派遣期間は企業がどのような職場かを見る期間でもあるので、本人が満足してから正社員になれるからだと思われます。

フリーターからの就職活動には紹介予定派遣も活用してみよう

上では、正社員を目指した就職活動をしてから紹介予定派遣を利用すれば良いと書きましたが、職場や仕事内容をしってから正社員として働きたいという様な場合には、はじめから紹介予定派遣を利用するのも良い選択肢だと思います。

まだ、利用する予定がないという人も、ぜひ紹介予定派遣という便利なシステムがあると言うことは覚えておきたいです。

関連記事

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

フリーターから就職への道へ戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る