フリーターから正社員になる方法

フリーターから正社員になる方法のアイキャッチ画像フリーターから正社員になる方法はいくつかあるので、ここで紹介していこうと思います。

正社員を目指して求人を探す

正社員を目指して求人を探すのイメージ画像当サイトでもいくつか紹介している転職サイトなどの求人情報を使って正社員を目指す方法。

もっとも一般的ですので、皆さんの多くもこの方法で正社員を目指して就職活動をはじめると思います。

特にこの方法でも問題ないという場合にはこのまま就職活動を続けてもらえれば良いのですが、中々内定が貰えなかったりするような時には別の方法も試してみると良いです。

アルバイトから正社員を目指す

アルバイトから正社員を目指すのイメージ画像フリーターの人で以外に多いのが、アルバイトから正社員を目指すという方法です。

アルバイトから正社員を目指すと言っても、わざわざ他のアルバイトを見つけて正社員になるというよりは、今現在続けているアルバイトから正社員や店長になるというケースが多いようです。

私の知り合いでも、アルバイトからまず副店長になり店長を目指すという進路を選んだ人がいます。

それまでにも数年間アルバイトとして働いているので、仕事に慣れていることや、人間関係もすでに構築出来ているのでメリットは多いです。

しかし、アルバイトから就職する場合には、職種がアルバイト時にしていたものに限られてくるというデメリットがあります。

どうしても他の職種を目指したい場合には、アルバイトを変える必要があるのですが、そういった場合はアルバイトから正社員を目指すよりも紹介予定派遣の方がお勧めです。

参考「フリーターの人脈利用術」でアルバイトの時の人脈を使って就職する方法も紹介しているのでチェックしてみて下さい。

派遣から正社員を目指す紹介予定派遣

派遣から正社員を目指す紹介予定派遣のイメージ画像画像アルバイトから正社員を目指す方法と似たものに、派遣社員から正社員を目ざす紹介予定派遣というものがあります。

こちらは、正社員として就職することを前提として派遣社員として働き、最長で6ヶ月(平均は3ヶ月)働いた後に企業と本人が了承後、正社員になれるのです。

アルバイトから正社員を目指す場合には、本人と企業の双方だけで正社員化するかどうか交渉することになるので、中々正社員になれないという場合もありえます。

しかし、紹介予定派遣の場合は、本人と企業の間に派遣会社が入っているので、企業も下手なことが出来ずしっかり正社員化するケースが多いのです。

今非常に注目されている正社員のめざし方です。

この紹介予定派遣のことについては「フリーターからの就職活動には紹介予定派遣も活用してみよう」で詳しく説明しているので見て下さい。

知り合いや知人のつてなどの縁故採用を利用する

知り合いや知人のつてなどの縁故採用を利用するのイメージ画像縁故採用というと悪いイメージを持っている人も多いかもしれませんが、今でも縁故採用はたくさん行われており、企業側としてメリットが多いので歓迎してるケースも多いです。

縁故採用というのは人の紹介で正社員採用してもらう事を指すのですが、人に紹介して貰っている分、採用された人は中々辞めにくいので、長期的に働いて欲しい企業側にしてみれば雇いやすい人材なのです。

また、紹介する側も変な人を紹介してしまっては自らの評判を悪くしてしまうので、紹介する人は慎重に選んでいるはずです。

大学でも教授が企業にゼミの生徒を斡旋する様なケースもあるのですが、この場合も全ての生徒が紹介して貰えるわけでは無く優秀な人のみが企業に紹介してもらえます。

つまり、もし縁故採用の話が自分にやってきたとしたら、それはあなた自身が評価されているという事でもありますので、紹介の提案に応じても良いと思います。

ただ、先ほども書いたように紹介された責任はありますので、働きだしてからも紹介者の評判を落とさぬように努力が必要です。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

フリーターから就職への道へ戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る