面接日とアルバイトがかぶってしまった。どうすればいい?

面接日とアルバイトがかぶってしまった。どうすればいい?のアイキャッチ画像フリーターをしている人が就職活動をはじめると、スケジュール管理ができておらずアルバイト日と面接日がかぶってしまう人がたまにいます。

焦ってどちらにも連絡せずキャンセルしてしまうようなケースもあるようですが、どうすればよいのでしょうか?

まずは、先方に確認電話をいれよう

アルバイトにしても、面接にしても、あなたのために仕事や時間を用意しているので、どちらを断るにしても迷惑が掛かってしまいます。

そういったことから、どちらにも連絡しなままにしてしまう人もいますが、こういった場合は早めに問題が起こったことを連絡するのが得策です。

早めに連絡が入っていれば、アルバイト先は他のアルバイトに代わりに入ってもらうことをお願いできますし、面接であっても、面接のために用意していた時間をほかの仕事に使うことができるからです。

自分のミスで面接日とアルバイト日がかぶった場合は、どちらかに早めに電話で連絡をするようにしたいです。

アルバイト先に連絡をするのが先

連絡をするとはいっても、面接を受ける企業とアルバイトをしている企業どちらに連絡をすればよいのでしょうか。

こういった際には、申し訳ないのですがアルバイト先に連絡するようにしたほうがよいでしょう。

面接に関しても、面接日を変更することは可能なのですが、やはり印象としてはあまりよくありません

同じ日に何人も面接をしているようケースがほとんどですので、もし別の日に変更するとなると、あなたのためだけに特別に面接日を設けるというような形になる場合もあります。

一人の人間のために企業側が時間をとるというのは効率の面で考えてもよくないので、印象が悪くなる可能性が高いのです。

アルバイト先には、面接日とかぶっていることが分かってから、できるだけ早い段階でアルバイトに行けない旨を伝えておくようにしましょう。

ただし、アルバイト先からどうしても来てもらわなければ困ると言われる場合もあるでしょう。

あまりにも大きな迷惑がアルバイト先にかかるような場合は、面接のためといっても断るのは社会人として問題です。

そういった場合は、面接での評価が下がるとしても、自分のミスだから仕方がないと考えて、面接日の変更をお願いしたほうがよいでしょう。

遅刻しそうな場合も早めに連絡をすることが大事

面接日の変更以外にも、遅刻をしてしまうというケースもあるでしょう。

こういった場合も、遅刻しそうな事実が分かった段階で早めに連絡をいれておくことが最良の行動です。

電車やバスが遅れたといった仕方ないようなケースであっても、連絡をしないまま面接に参加するのは印象が悪いです。

どういったことであっても相手のスケジュールに影響を与えることが発生した段階で、早めに連絡をいれるということを癖づけるようにしましょう。

まとめ

アルバイトと面接日がかぶった場合には、できるだけ早い段階で先方に連絡を入れるようにしたいです。

まずはアルバイト先に連絡をいれて、代わりのアルバイトが確保できそうか確認しましょう。

どうしてもアルバイト先に迷惑が掛かる場合には、自分の招いたミスですので、評価が下がることを覚悟の上で面接日の変更をお願いするようにしたいです。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

フリーターから就職への道へ戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る