フリーターの就職活動のやり方

フリーターの就職活動のやり方のアイキャッチ画像フリーターの人が就職活動をはじめても、どこからはじめれば良いのか分からないという人は結構たくさんいます。

学生の間に就職活動をしていれば、学校の就職課が様々なアドバイスや講習を行っていますし、個人情報が勝手に出回っているため企業からパンフレットが山ほどやってくる事もあります。

しかし、フリーターの人が就職活動を始めたとしても、就職課などは利用できないですし、企業からパンフレットなどが届くこともありません。

つまり、すべて自分で情報を集めて行動に移していかないといけない状況があり、いざ就職活動をしようと思っても何からはじめれば良いのか迷ってしまうのです。

こういった事から、就職活動を非効率な方法で行ってしまい、なかなか内定を得られない人もいます。

ですので、ここでは一連の就職活動の方法を簡単にチェックしていこうと思います。

少し長いですが、一度見ておくと就職活動の流れが分かると思います。

目次

1冊就職活動の方法を書いた本を買って読んでみましょう

1冊就職活動の方法を書いた本を買って読んでみましょうのイメージ画像当サイトの情報を利用して就職活動を行うのも良いですが、書籍などにはさらに詳しい情報が掲載されていることが多いので、最新の就職活動方法が書かれた本を1冊買ってみると良いです。

対象者は新卒者を対象としたものや転職者を対象としたものがありますが、フリーターの人の場合は新卒者の人と共通する部分が多いので新卒者用のものを買っておきましょう

一度こういった本に目を通しておけば、就職活動のやり方で迷うことは少なくなるはずです。

業界研究をしてみよう

業界研究をしてみようのイメージ画像就職活動をはじめた段階で、なりたい職種が決定している人は以外とたくさんいるのですが、その職種をどの業界で行うかを決められている人は結構少ないです。

たとえば、営業職を希望している人でも、業界としては、自動車業界、医薬品業界、食品業界、住宅業界など様々な業界が存在しています。

はじめての就職活動段階で「この業界に就職したい」という希望が必ずしも必要なわけではなく、様々な業界を横断して応募することも可能ですが、知識として知っておくことで応募する求人の幅を広げることが出来るのでぜひ業界研究はしてみてください。

業界研究をするには、まず求人情報サイトに掲載されている求人を業界、職種、絞らず全体を見渡してみると良いです。

知らなかった業界や職種がこの段階で見つかるはずですし、気になる求人が見つかれば求人の詳細を見てみたり、企業のホームページをチェックすることでその業界について知識が少しずつ増えてくるはずです。

また、「就職四季報」という本も一度目を通しておくと良いです。

就職四季報には、大企業の情報しか掲載されていないのですが、業界ごとに分かれて企業が紹介されており、おおよその給料の相場や残業時間、平均年齢や離職率が掲載されています。

これらの情報は業界ごとに共通していることも多いので、他社の情報でも役に立つことがあります。

そのほかにも業界研究に特化した本なども売られているので、購入まではしなくても書店で読んでおくと良いでしょう。

業界研究の間に得られた知識は履歴書の志望動機を書く際にも役に立つので、情報をある程度ノートやパソコンにまとめておくと良いです。

求人に応募しよう

求人情報に志望度別のランキングを付けようのイメージ画像業界研究を終えて、職種も決定することが出来れば、求人を早速探してみましょう。

業界研究の段階でもある程度求人情報をチェックしていたと思うので、いくつかお気に入りの求人を見つけたら、どんどんビックアップしてリストにしておきましょう。

この段階で出来れば10社以上はピックアップしておくと1社に変にこだわってしまうことがなくなるので、出来るだけたくさん取り上げておいてください。

そして、取り上げた求人に、ある程度の志望度合いのランキングをつけておきます。

その中で一番ランクが低い企業に早速応募してみましょう。

ここで「就職活動のやり方も分からないのにいきなり応募しても良いのですか?」という質問をされる方がいるのですが、就職活動はやってみないと気づかない事がたくさんあるので、飛び込んでしまうのが一番勉強になります。

また、ネットなどで情報収集ばかりをしてしまい前に全然進まない人というのもいますので、1社応募して履歴書作成や面接などを一度経験してしまう事で考えているだけでは何も始まらないということに気づくことが出来ます。

これから何十社も応募することになるはずですから、変に考えすぎて立ち止まってしまうことは避けるようにしてください。

履歴書を書いてみよう

履歴書を書いてみようのイメージ画像履歴書の書き方については「フリーターの履歴書の書き方」で詳しく説明しているので、ここでは簡単にフリーターの人が気をつけたい部分について説明します。

フリーターの人が履歴書を書く際に気をつけたいのは、学校を卒業してからの期間についてです。

この部分を面接官は非常に重視していますのである程度履歴書で説明しておいて、面接で質問された際にはさらに詳しく説明する必要があります。

もし、アルバイトをやっていない空白期間などがあると、その間に何をしていたのかまで面接で聞かれる可能性はありますので、今の段階である程度回答を用意しておくほうが良いでしょう。

面接を受けてみよう

面接を受けてみようのイメージ画像面接には、一人で受けるものから、グループでの面接、グループで討論をさせる形式などいくつか種類があります。

討論形式の場合は、前もって準備しておくのは難しいので、その場で与えられた課題について積極的に発言していく必要があります。

一方、一般的な一人での面接やグループ面接などの場合は、ある程度質問が想定できるので前もってある程度の準備をしておくべきでしょう。

ただし、前もって完璧に回答を用意してしまうと、回答の段階で棒読みになったり、一字一句間違えてはいけないと思っていると逆に全て忘れてしまう可能性があります。

ですので、ある程度柔軟に対応できる回答を用意しておいて、実際の面接ではその場の雰囲気に合わせてアドリブを交えながら回答できるようにしておきましょう。

私自身も就職活動の面接の際に、完璧に覚えた回答が全て飛んでしまい何も発言できなかったことがあります。

当然結果は不合格となってしまいましたので、ここは注意してください。

詳しい、質問項目や面接のやり方については「フリーターが面接で必ず聞かれる4つの質問」で説明しています。

何度も履歴書作成、面接を繰り返していこう

何度も履歴書作成、面接を繰り返していこうのアイキャッチ画像就職活動というのは案外シンプルなもので、ここまで説明してきた履歴書作成と面接を何度も繰り返すということに限られます。

しかし、やることはシンプルでも不合格が続いたりすると、急にやる気がなくなって履歴書を送るのを止めてしまったり、面接日にドタキャンする人などがいます。

合格する人としない人の差は、淡々とこれらの作業を続けられるかどうか、そして毎回反省点を改善していけるかという部分にあるように思います。

不合格が続いても、就職活動というのはそういうものだという楽観的な気持ちを持ち続ける必要があります。

これらの事については「就職活動が中々上手くいかない場合はどうすれば良い?」で詳しく説明しているので、チェックしてみてください。

まとめ

ここまでフリーターの人が就職活動をする方法についてみてきました。

ここで質問なのですが、新卒の人はいったいどれ位の企業に応募していると思いますか?

これが結構すごい数で、平均の数でさえ50社を超えていて、100社を超える企業に応募する人も結構たくさんいます。

ですので、新卒の人よりも少し不利なフリーターの人は数社に不合格をもらったくらいであきらめていてはいけません。

こんな事を聞くと就職活動が嫌になる人もいるかもしれませんが、営業職などについてみれば、はじめの研修段階で100件の家に営業をさせる企業もあります。

ですので、決して特別な事ではないので、ある程度淡々とこなしていく必要があります。

履歴書作成や面接では力を存分に発揮して、それで結果が出なければ仕方がないと思って次に進んでいくようにすれば、いずれ内定がもらえる日がやってくると思います。

就職活動のやり方関連記事

上に戻る

フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る