潰れない企業を探さず、自分がしたい仕事ができる企業を探そう

潰れない企業を探さず、自分がしたい仕事ができる企業を探そうのアイキャッチ画像新卒者、既卒者に限らず、就職するからには絶対に潰れない企業に就職しようと考えて、就職活動をする人が多いです。

そういった人は、大企業や有名企業をたくさん受験するのですが、中々採用されないという結果に落胆してしまいがちです。

潰れない企業に就職したいという気持ちも分からないではないのですが、そういった考えは今の時代にそぐわない事も多くなってきているので、自分がしたい仕事ができる企業を探すようにしたいです。

「自分がしたい仕事を探す」とは?

潰れない企業を探そうと思うと、上記したように大企業や有名企業を選んでおくと確率的には潰れにくいはずです。

しかし、そういった企業は応募者の競争倍率が非常に高くなっていることや、グローバル化という世界規模で競争が行われるようになり、大企業でも安泰とはいえない時代になってきているので、無理をして狙う必要はないのではと思います。

これからは、転職をする人も今以上に多くなっていくはずですし、起業を行ったりする人も増えてきます

そういった中では、潰れない企業ではなく、「自分がしたい仕事を探す」という考えで就職活動を行った方が後々よい結果を得られるのではないでしょうか。

自分がしたい仕事を探す、と考えていれば、大企業だけなく、中小企業や、起業したてのベンチャー企業も視野に入ってきます

大企業に勤めると、比較的安定はしているものの、重要な仕事は何年も働いてからでないと任せてもらえないですし、仕事が分断されているので、ごく一部の仕事にしか関われず全体像が見えにくいという事も多いです。

一生一つの企業で働くことができれば良いのですが、それも難しくなってきています。

一方で、ベンチャー企業に勤めれば、経営はまだ安定していなくても、従業員が少ないので、早くから重要な仕事を任せられますし、様々な経験ができることが多いので、転職や起業をする際には逆に有利になる可能性もあります。

自分がしたいことにこだわった、企業探し

自分がしたいことにこだわるという事は、企業の仕事内容をよく知らなければなりません。

求人情報だけでなく、企業のホームページや就職四季報などの企業紹介本も調べてみた方が良いでしょう。

また、公開されている情報だけでは知ることができる範囲も狭いので、面接で仕事内容についてしっかり確認する必要もあります。

そのためにも、仕事内容で気になることはまとめておいて、事前に質問する内容は考えておくようにしなければなりません。

このように、企業の仕事内容について詳しく調べて、面接でも仕事内容について質問する人は、採用担当者に仕事への熱意が伝わります

その結果として、評価も高くなることが多く、採用される可能性も高くなります

潰れない企業を探して、何となく大企業を探している人より、自分がしたい事にこだわって仕事探しをしている人の方が、採用される確率も高くなるはずです。

まとめ

企業の安定や成長が確実な頃には、潰れない企業を探すのはよい選択肢でした。

しかし、時代が変わって潰れない企業を探すのも、就職するのも難しくなっています。

最後に頼れるのは自分ということを肝にめいじて、自分が最も輝ける仕事を探す事が、将来的にも安心して働ける時代になってきたのだと思います。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る