既卒の就活で学校の偏差値が重要視されるのか?

既卒の就活で学校の偏差値が重要視されるのか?のアイキャッチ画像就職活動で学校の偏差値が重視されると聞いたことがある人もいると思います。

既卒者の就職活動でも学校の偏差値が重要視されるのでしょうか?

学校の偏差値は、今でも採用において大きな指標になっている

偏差値は関係ないと言いたいところなのですが、多くの企業の採用選考で重要な指標の一つと考えられています。

企業は仕事ができる人を採用したいと考えているのですが、仕事のできるできないと出身学校の偏差値との間には関連が見られるからです。

そういったことから、有名大企業には高偏差値出身の人たちが集まっていますし、企業規模が小さくなればなるほど偏差値が低い学校出身の人たちが多くなります。

しかし、高偏差値の大学出身だからといって採用選考において必ずしも有利になるとは限りません

以前は、偏差値だけで採用が行われていた時代があったのですが、その中に全く仕事ができない人が含まれていたので企業側も偏差値だけで判断することは少なくなっています。

今では、大企業を中心に採用選考において学校名を伏せて採用選考を行うケースも増えてきています。

偏差値は一つの指標として重要視されていますが、それ以外のコミュニケーション能力やリーダーシップなど人間力も重視されるようになってきています。

偏差値が低い学校出身者は大企業に就職できないのか?

就職活動で偏差値の話が出てくると、「自分は3流大学出身だから大企業に就職できない」という意見をよく聞きます。

偏差値が重要視されているのである意味は正しいのかもしれませんが、今では偏差値以外も重要視されるようになってきているので、大企業や有名企業に就職することは可能です。

偏差値が低くても大企業に勤めることができた人の特徴で最も多いのは、部活などでキャプテンをしていたといったケースです。

企業は既存の事業だけで売り上げをあげ続けるのは難しいので、常に新しいことにチャレンジしています。

そういった時に、周りの人を引っ張って、新しい事業を展開していけるリーダーシップがある人が非常に重要になってくるのです。

こういった特徴を持った人であれば、偏差値が低くても大企業や有名企業にも採用される可能性があるでしょう。

もし、そういった経験がないということであれば、就職活動において他者とは違う圧倒的な成果を出す必要があるでしょう。

筆記試験で圧倒的な点数を出す、面接で他の人とは違う圧倒的なアピールをする

なかなか難しい課題なのですが、準備さえしっかりしておけばできないことではないです。

就職活動において筆記試験を軽視している人は多いですし、面接で他の人と変わりばえのしないアピールをしている人も多いので、努力すれば効果は大きいのです。

こういった形で大企業に就職する人も少なくありません。

まとめ

企業は新卒者や既卒者が将来仕事で活躍してくれるかどうかを見極めなければなりません。

そのために、学生時代に努力をして成果を出した人は仕事でも成果を出してくれるだろうと考えて採用において評価を高くするのです。

その努力が、勉強であったのか、部活であったのか、そして就職活動のための準備であったのかの違いはあまり関係ないようです。

何かに他者に勝る努力をして成果を出したという経験が、評価をされるのだと考えておくと良いのではないでしょうか。

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る