就職活動をシェアハウスから行う人が増えている

就職活動をシェアハウスから行う人が増えているのアイキャッチ画像シェアハウスとよばれる、何人かで共同生活をする賃貸物件を利用して就職活動をする人が増えているようです。

どうして、利用者が増えているのでしょうか?

シェアハウスを提供する物件が増加

東京や大阪に就職活動の為に出てくる場合、深夜バスを利用して何度も往復する人や賃貸物件を借りる人が多いです。

こういった形で就職活動をしている人はいまでもたくさんいますが、そこに最近流行のシェアハウスを組み合わせる人が増えてきています。

シェアハウスは就活以外でも利用している人が多く、物件数としても増えつつあるので借りるために探す場合も以前よりも簡単に見つかるようになってきました。

東京がもっとも多いですが、大阪、名古屋、福岡など求人が集まりやすい地域ではシェアハウスの賃貸物件もたくさん存在することが多いです。

また、何人かで部屋をシェアをすることになるので、物件の賃貸料が比較的安くすむこともメリットといえるでしょう。

普通に賃貸物件を探す場合に比べて、シェアハウスは3割ほど賃貸料が安くなるケースが多いようです。

共同生活なので、情報交換ができたり、さびしくなかったり、家具もそろっていることが多いなど、メリットが多いので、これからもシェアハウスを就職活動に利用する人は増えていきそうです。

就活専用のシェアハウスも誕生

上記したような特徴があるので、シェアハウスは就活にうってつけの賃貸物件といえると思います。

そういったことから、就活専用のシェアハウスを提供する企業もいくつか出てきました。

就活専用のシェアハウスを利用する人は就職活動を行っている人たちばかりなので、情報交換をすれば有益な情報を得られる可能性が高いなどから人気が出ています。

また、地方から都心部に出て就活をしている人が多いので、地方の人ならではの悩みを共有する事もできるようです。

就活はそれほど長期間行うものではないですが、一人で都心部に出て、何度も落とされるような経験をしなければならないというのは非常につらいものです。

しかし、シェアハウスを利用できれば、相談や愚痴をこぼすことも気軽にできるので、一人で行う就職活動よりも何倍も心強いようです。

シェアハウスを使うのと通常の賃貸をするので、どちらが就職活動にとって良い?

就職活動資金など金銭的な問題も重要ですが、就職活動でもっとも重要なのは就職できるのかどうかといった点でしょう。

そういった点ではシェアハウスを利用するのと、通常の賃貸とではどちらが良いのでしょうか?

実際にアンケートを取った訳ではないのですが、おそらく圧倒的にシェアハウスを利用した人の方が内定を得られる確率が高くなっていると思います。

上記したような心理的に支えあえたり、情報交換できる環境があったり、共同生活なので生活リズムが整いやすく、目的を見失いにくい、というように就職活動に好影響を与える要素がシェアハウスの方が圧倒的に多いです。

一人で都心部に出た人には、生活リズムが崩れたり、生活の維持のためにアルバイトを始めてそちらがメインの活動になってしまう人などもいます。

こういった事態に陥りにくいという意味で、シェアハウスで生活をしている人の方がスムーズに就職活動に取り組むことができて、結果的に内定率も高くなっているのではないでしょうか。

これからは、都心部での就職活動を考えた際にシェアハウスが第一選択肢になっていくのではないかと思います。

まとめ

シェアハウスの物件数が増えるにつれて、就職活動にシェアハウスを利用する人が増えています。

就職活動との相性は抜群に良いので、これからも利用者はどんどん増えていきそうです。

皆さんも、地元から出て就職活動を行う際には、シェアハウスの利用も考えてみてください。

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る