就職後、一人暮らしをしたいけど社員寮はどうなのか?

就職後、一人暮らしをしたいけど社員寮はどうなのか?のアイキャッチ画像就職後に一人暮らしをしたいと考えている人は多いと思います。

一人暮らしでアパートやマンションを借りるとなると、月に7万から10万円はかかってしまいます。

そこで社員に用意された寮に入る事を検討する人もいると思うのですが、寮生活はどういったものなのでしょうか?

寮に住む最大のメリットは寮費

寮に住むことにはメリットがいくつかありますが、その中でも最大のものは寮費が格安ということでしょう。

企業によって寮費は変わってきますが、5000円から2万円程の間で収まることが多く、中には無料のケースもあります。

寮には、食堂も完備されているケースが多いので、そこで安く食事できるので食費も浮かすことができます。

マンションなどを借りる際には、高い賃貸料に加えて、入居時には敷金や礼金も必要になります。

賃貸をすると住宅手当が出る企業もありますが、それを考慮しても寮に住む方が生活費を抑えることができるでしょう。

新入社員は給料も安いので、できるだけ出費を抑えたいでしょうから、そういった人にとって寮はかなり便利に利用できると思います。

寮を利用している人は、貯金をたくさんしていたり、趣味にお金を使っている人が多いようです。

寮に住むことのデメリット

寮は格安ですむことができて良いのですが、良くない部分もあります。

寮では浴室やトイレが共同になっている場合が多いので、そういった事に抵抗がある人には苦痛かもしれません。

また、同じ企業の社員が共同生活をするので、仕事とプライベートが分離できないと感じる人もいて、疲れてしまうかもしれません。

寮のこういった問題点を改善するために、最近では企業がマンションやアパートを借り上げて、そこを社宅として格安で貸し出す企業も増えてきています

借り上げ社宅であれば、部屋に浴室とトイレが完備されていますし、一室、一室が分離されているので、プライベートを確保する事もできます。

プライベートを確保したいのか、社員との交流を楽しみたいのかを考慮して、寮を選ぶのか、社宅を選ぶのかを決めると良いのではないでしょうか。

まとめ

一人暮らしをしている人は、生活費で給料がほとんど消えてしまうという人はたくさんいます。

そういった事を考えると寮などを利用して住居費を抑えられるのは、かなり大きなメリットですので利用する価値は高いといえるでしょう。

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る