金持ち父さん、貧乏父さん

では、第一弾として、紹介するのが、金持ち父さん、貧乏父さんです。

数年前に、この本はブームになったので、読んだ事がある人が結構いるかもしれないですが、読んだ事が無い人は必読だと思います。

この本には学歴の高い貧乏父さんと学歴は低いが金持ちの父さんが出てきます。

学歴の高い貧乏父さんの息子が金持ち父さんから、お金に関しての様々な事を学び成功したと言う話です。

この話は著者自身の実体験を綴っているので、物凄く説得力があります。

お金に対する一般的な考え方を180度変更してくれます。

そして、私達が考える仕事をすれば安心して生活できると言う考え方も見事に潰してくれます。(笑)

今現在、何事にも積極的になれない人には特に読んで欲しいです。

お金の流れが分かるだけでなく、お金についてもっと勉強しようという気にさせてくれるからです。

経済の事についてや、投資の事についてなど私もこの本を読んでもっと勉強したいと思いました。(それまでは経済についてなんてまったく興味がありませんでした(笑))

これらの知識は、就職活動において直接意味を成さないかもしれませんが、長い目で見たときに知っているのと、知らないのでは全然違う人生を歩んでいると思います。

この本は就職してから読むより、就職する前に読むべき本だと思います。

大手思考で中小企業は嫌だとか、絶対に正社員で無いとダメとか、そういう事にこだわるのはそんなに重要では無いという事に気づかせてくれるからです。

ここまで本の紹介を読んで、どう思われたでしょうか。人生に影響を与えるなんて大げさだと思われたでしょうか。私自身もこの本を読むまでにこんな事を言われたら「うそやろー」と言ってたと思います。

なぜなら、この本を読むまでに、そんなに「すごい本だ」と思う本を読んだ事がなかったからです。

しかし、この本は私に物凄い影響を与えてくれました。そして、今私が何をすればいいかという事も教えてくれました。

そんなにお金に困っていないし、これといって夢も無いような人はたくさんいるのではないでしょうか。こういう状態が続けば就職活動をする事に意味を見出せないのも良く分かります。

そういった状態で無理に就職活動をして内定を貰っても、またやめてしまう可能性が高いのではないでしょうか。 この有り余る時間を利用して、長い目で人生について考える必要があると思います。ぜひ、その参考書の一つにこの本を使って欲しいと思います。

金持ち父さん貧乏父さん
ロバート キヨサキ シャロン・レクター(公認会計士)
筑摩書房
売り上げランキング: 86

同一カテゴリーのページ

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る