既卒、フリーターの就職活動の始め方

既卒、フリーターの就職活動の始め方のアイキャッチ画像長年、フリーターをしてきた人や、学生時代に就職活動を経験していない既卒者の中には、就職活動を何から始めたらいいのか?と不安に思っている人がいるようです。

そういった方のためにここでは、簡単に就職活動の始め方を紹介していこうと思います。

しかし、就職活動にこれが一番の方法などというものはありません。

ここで、始め方を知ったからといって内定がもらえるわけでもありません。

始め方を知った後は、自分の足と頭を使って経験をつみ、そこから学んだ教訓を次の面接に活かすという事が必要です。

目次

情報供給源を増やす

既卒、フリーターの立場(後、まとめて既卒者)から、就職活動を有利に進めるためには、情報供給源をできるだけたくさん用意しておく事が必要です。

新卒は企業側が一番欲しがっている人材であるので、新卒者を支援するサイトは非常に多いです。

しかし既卒者の立場から就職活動を始めると、急に支援サイトが減って路頭に迷う事になってしまいます。

そういった事に対処するために、当サイトの既卒、フリーターが使える求人情報サイトで既卒者でも利用できる就職活動支援サイトをたくさん掲載していますので、その中から、自分に合うと思うサイトを見つけ情報を得ることが出来るようにしておいてください。

ハローワークなどにもたくさん求人情報がありますので、利用してみましょう。

しかし、この段階では、どの情報を探せばいいのか迷う人がいると思います。

自分のやりたい事がはっきりと分かっている人は、その職業の情報を集めればいいのですが、以外とそういう人は少ないでしょう。

多くの人が特にこれと言って、やりたいことが無いという人なのではないでしょうか?

では、この人達はどうすればいいのでしょうか?

職業適性診断を受けてみる

職業適性診断を受けてみるのアイキャッチ画像就職支援サイトの中には、職業適性診断といって自分がどういった職業に向いているのかを診断するサービスを行っているところがあります。

特にやりたいことが無いと思っている人は、まずこの適正診断を受けて、どういった職業が自分に向いているのかを判断する事が必要だと思います。

こういった適性診断を受けると、自分の職業への適正度合いを知る事が出来るだけではなくて、自分の良いところや悪いところを客観的に見ることが出来ます。

そういった情報は、面接の際に自分の長所や短所を聞かれた場合に利用する事ができるので、診断結果はパソコン内に保存するか、紙に印刷しておく事をお勧めします。

しかし、あまり適性診断の結果を鵜呑みにはしないで下さい。 こういった適正診断は自分の今現在の心理状態を反映した結果を出すので、少し後にやりなおしたら、また違った結果が出るという事が多いです。

安易に結果を信じてその職業に就いてから、こんな仕事をしたくはなかったと言っても遅いですから、結果は一つの判断材料程度に考えておけばいいと思います。

では、これ以外に自分に合った仕事を知る方法は無いのでしょうか?

どんな職業があるのかを知る

「私はやりたいことがない。」こんな事を言っている人の多くが、やりたいことがないのではなくて、職業にどんなものがあるのかを知らないことが多いと思います。

自分の知っている職業の範囲内で、判断するために「やりたいことがない。」という結果にたどり着いているようです。 よく今の時代は目に見える仕事が少なくなったといわれます。

働いている人の多くが、サラリーマンで、その仕事の実態を知るすべはあまりありません

そういったことから、仕事にどんなものがあるのかを知らないのだと思います。

では、どうすればいいのか? まず手当たり次第に、色々な職業の求人情報を見て、自分の視野を広げる事が必要だと思います。 狭い範囲で探すから見つからないのであるなら、その選択範囲を広げればいいのです。

もし、やりたい仕事を見つけても成るのが難しい職業なら諦めてしまうと思うかもしれないのですが、やりたい事って一度見つけてしまえば努力は苦にならなくなるものです。

また、正社員からやりたい仕事に就くのは難しいのであれば、アルバイトからでも、派遣社員からでもいいと思います。

周りの人達が正社員でないとダメと言おうが、自分のやりたいことの出来ている人にとってはそんなことは問題ではないです。

っとちょっと話がそれたのですが、様々な職業を知ることは私が新卒の時にセミナーに参加した時にもよく言われたことです。

狭い視野ではなく、広い視野で、仕事を見て、自分の適性を考えればやりたい仕事(できる仕事)が見えてくると思いますよ。

求人に応募する

求人に応募するのアイキャッチ画像やりたい事、出来る事、そういったことが見つかれば次は、その職種の求人情報を探します。 そして、ここはよさそうだと思う企業を見つけたら、求人情報内の応募資格を見ます。

応募資格で自分が参加できないものならば、それに応募してもまず内定はいただけないでしょう。

もし、自分も参加できる応募資格であるなら、とりあえず応募してみましょう。

ここで、考え込んでしまう人がいると思うのですが、まず一社目で内定をもらえる人なんてほとんどいないので、面接とはどういったものなのかを知るために応募してみる位の気持ちでいいです。

しかし、ここで注意したい事は、初めての面接で第一候補の企業には絶対応募しない事です。

まだ、面接経験が一度も無いのに、第一候補に応募しても絶対受からないですし、もったいないですからね。

まずは、練習に利用してもいいと思える企業に応募しましょう。(企業側には悪いですけど、これは仕方ないので遠慮することはないです。)

その為には、初めて面接に参加する前に何社かをピックアップしておいて、企業に順位をつけておくといいです。

そして、ある程度なれた頃に、第一候補の企業の面接に参加しましょう。

説明会や面接に参加する時なのですが、それらの準備のために就活道具箱で紹介している、路線情報やビジネスホテル情報やネット地図などを利用すれば手間が省けるのでぜひ使ってみてください。

面接の準備をする

さぁ、いよいよ面接です。

しかし、ちょっと、待ってください。何の考えもなしに面接に参加しても、内定をもらえないどころか何も喋れないで終わってしまいます。

アルバイトの頃の面接とはまったく違うので、前もって準備が必要になってきます。

では、どのような準備が必要なのでしょうか? まず、保存していた適性診断の結果をもう一度見直してください。

そのなかに、自分の長所、短所に結びつく情報がないか探してみてください。それらの事は面接で必ずと言っていいほど聞かれるので、用意しておく事が必要です。

そして適性診断の結果や友達の意見、親の意見などを参考に長所、短所をスムーズに喋れるようにしておく必要があります。

また、なぜその職業を選んだのか?なぜこの企業なのか?も必ず聞かれるので、対処できるようにしておきましょう。

話すのが上手な人の中には、「聞かれた時に考えて喋るよ。」と思うかもしれないのですが、そんなに甘くないです。

何の準備もなしに喋っても上辺だけの内容だと直ぐに見抜かれてしまいます。

相手は何百人という人を面接しているプロなのですから、それ位は直ぐ分かります。

では、完璧に用意しておくといいのでしょうか? これも一長一短であまり良いとはいえないです。

私も一度完璧に覚えて面接に参加した事があったのですが、いざ面接というときに喋ろうと思っていたことを部分的に忘れてしまい、それ以外の内容では対処できなくなり、沈黙が続いた事がありました。(その時は、グループ面接だったのでかなり恥ずかしかったです。^^;)

皆さんには、そのような経験はして欲しくないので、ある程度柔軟に対処できるようになっておいてほしいです。

いざ、面接へ

いざ、面接へのアイキャッチ画像面接には、様々な種類があり、1対1や1対3などの自分一人対面接官数人で受ける面接と、グループ面接といって面接を受ける側が、数人の面接もあります。

自分一人で受ける面接は以外とマイペースで喋れて得意とする人は多いのですが、グループ面接は苦戦する人が多いと思います。

はっきり言ってグループ面接は競争です。 一人の時ではない、変な緊張感が漂っています。

一つの質問を端の人から、順番に答えていくと言う事があるのですが、その時は、他の人よりどれだけいいことを言うか?を考えすぎて、何も言えなくなる場合もあると思います。

私は関西人なので、4人で面接を受けて自分が最後に答える時には、オチをつけて笑いを取らないといけないのか?と考えてしまった時もありました。(笑)

そんなおかしな考えが起こるくらい、グループ面接では、他の人と差別化する内容を話さないといけないと思ってしまうものです。

ですが、グループ面接も慣れてくると、他人はどうでもよくて、自分の言いたい事をうまく言えればそれでいいという事に気づくと思います。

他の人を意識して、変わったことを言ってもいい結果には繋がらないと言う事が分かってくるからです。

それよりも、自分の経験してきた事、価値観、そして、準備してきた面接で話そうと思っていた事をそのまま伝えた方がいい結果に繋がると思います。

これらの事は、私がここで、どれだけ説明しても、実際経験してみないと分からないと思います。

ですので、何度も面接に参加し、経験をつんで、それらを教訓として活かすようにしてください。

採用試験(筆記試験)の対策をする

面接以外で難関なのが、採用試験です。

これらは企業によって様々な試験を用意しているので、ここで説明する事はできません。

しかし、その主なものにSPIがあります。 このSPIという試験は多くの企業が採用試験に利用しており、また、その対策の本もたくさん出ています。

もし、自信が無いのであれば対策本を買って勉強しておく事をお勧めします。

採用試験は面接と違って努力次第で、評価が高くなるものです。 新卒に比べて、面接で不利な私たちですから、採用試験で高得点を取るのは内定に繋がる一つの方法かもしれませんね。

内定がまったく貰えない

内定がまったく貰えないのアイキャッチ画像採用選考に参加しだすと、内定がなかなかもらえなくて嫌になる事が多々あると思います。

そして、それらから逃げ出してしまいフリーターに逆戻りという人もたくさんいると思います。

しかし、こういった時に間違った考えだけは持たないで欲しいです。

それは、「自分は既卒だから内定を貰えないのだ。」という考えです。

何かがうまくいかないと、一番理由としてまともそうな事を上げて、それのせいだといってしまうことがあります。

確かに、新卒に比べると私たちの立場から内定を貰う事は難しいと思います。

しかし、数社の企業から、断られたからといって、適当な理由をあげて諦めてしまうのは、ただ逃げているだけに過ぎないです。

最近採用に明るい話題が増えていますが、まだまだ採用されるのは難しいです。

新卒であっても何十社も受けても内定をもらえない人もいます。 厳しい言葉になりますが、数社に断られたからといって「既卒だから」という理由で諦める事はしないで下さい。

数十社受けて内定をもらえなかった人だけが「既卒だから」という理由を言えると思います。

しかし、私の個人的な意見としては、就職活動は続けていれば絶対に内定をもらえると思います。

続ける事は簡単なようで、一番難しいことだと思います。それに耐えられる人であるならばいずれ内定を手にすることができると思います。

内定を貰ったら

内定を貰ったらのアイキャッチ画像内定を貰ったら、まず喜んでください。(^^) しかし、内定を貰ってちょっとすると不安に駆られると思います。

内定ブルーというものがあるからです。

内定ブルーというのは、「内定を貰った企業で自分は長い間勤めることができるのか?」、「この企業が一番自分にあっているのか?」、「もっといい企業にも内定がもらえるんじゃないのか?」と様々な事を考えて悩んでしまうことです。

企業の中には、簡単な面接だけで、直ぐに内定をくれるところがあります。

内定は貰えればうれしいのですが、あっさりもらえると不安になることもあります。

また、内定を貰った企業の悪い噂を聞いても不安になる事があると思います。

そういった時には、絶対に一人で悩まないで、人事の方や、OBの方に相談するようにして下さい。

また、友達や親にも相談するのもいいと思います。 しかし、ここで注意したい事があるのですが、相談すると、大概「せっかく内定をもらったのだから、そこに勤めたら?」といわれると思います。

努力してもらった内定を取り消せとは、なかなか言いづらいですからね。

ですが、そういった説得を鵜呑みにして入社してしまうのは良くないです。 周りの意見ではなく、あくまで自分の選択で入社するか、しないかを決めた方がいいと思います。

会社に入るとつらい事が山ほどあると思うのですが、自分で決めたことなら頑張って続ける事ができても、他人の説得によるものだと、それを言い訳にやめてしまう事があると思います。

一度企業に入って、嫌だからやめた場合と自分で選択して内定を断った場合とでは、次の就職活動に挑む際のモチベーションがまったく違います。

自分で選択して内定を断ったのであれば、次の就職活動にモチベーションの高いまま挑むことが出来ますし、なんと言っても一度内定を貰ったという自信が付いて、次の面接からはどうどうと挑む事ができると思います。

ですので、何事も他人の意見を参考にすることがあっても、決める時は自分の選択で決めるようにしてください。

まとめ

ここまで、簡単ではありますが、就職活動初心者の人達に参考になると思うことを書かせてもらいました。

しかし、頭で、理解している事と実際に行動する事では、まったく違います。 冒頭でも書いたように、自分の足と頭を使って経験をつみ、そこから学んだ教訓を次の採用選考に活かすと言う事が一番大事だと思います。

そして、選択をする時には様々な情報を吟味し、自分の考えの下に決断を下してください。

私の力になれる事は、このホームページ内でしかないのですが、質問や疑問に思うことがありましたら、掲示板に書き込んだり、メールを送って下さい。

出来る限り協力したいと思います。

就職活動初心者の方が自信を持って採用選考に挑み、内定が貰えることを願っております。

以下のページでは、既卒やフリーターが使える求人情報サイトをたくさん紹介しているので利用してみてください。

既卒、フリーターが使える求人情報サイト

上に戻る

既卒、フリーターから就職への道トップページへ戻る

上へ
戻る